自閉症スペクトラムや学習障害、多動性障害の支援なら|難病治療研究協会|自閉症スペクトラムへの理解

一般社団法人 難病治療研究協会 045-845-4381
   
トップページ 法人紹介 治療について 施術実績(パーキンソン病症状改善動画) よくある質問 お問い合わせ
コラム

自閉症スペクトラムへの理解

自閉症スペクトラムの子供たちは上手く言葉にできなかったり、長い言葉を理解することが難しかったりと、様々な悩みを抱えています。そのため、家族や学校、周りの人々の理解・支援が必要となってきます。こちらでは、自閉症スペクトラムの子供たちにどのように接したら良いのか、どんな支援が必要なのかをご紹介いたします。

家族

3歳前後になると、はっきりと自閉症と宣告されるようになります。その頃の子供は多動の時期にも当たるため、目が離せない状態が続いて苦労している方も少なくありません。しかし、この時期を過ぎればだんだんと落ち着いてくるケースもあるため、しっかりと可愛いわが子の成長を見てあげてください。

また、早めに療育を始めることで改善を目指すきっかけともなります。難病だからと諦めず、まずは治療・施術の専門家などに相談することをおすすめします。

学校・他者

学校・他者

子供の学校生活が始まり他者と関わる機会が増えてきたら、担任や生徒など周りの人々にも正しく理解してもらう必要が出てきます。自閉症を正しく理解してもらえなかったために、育て方の問題だと誤解されたり、子供がストレスを感じる行動をとられたりすることもあります。

自閉症スペクトラムは育て方などによって起こる後天的なものではありません。先天性の脳機能による障害です。クラスの子、担任、近所の方などからしっかり理解を得て、お互いが不快な思いをしないことを目指しましょう。

自閉症の子供と関わるときは

自閉症の子供と関わるときは

理解を得ることができても、どのように接すれば良いのか分からないという方も多いと思います。自閉症スペクトラムの特徴の1つに、言語の未発達という点があります。自分で言葉にすることが難しい、遠回しな言い方を理解するのが困難なことなどを指します。

そのため、何か指示を出すときや話を聞いてほしいときは「座りなさい」など、短くて分かりやすい言葉にすることがポイントです。短く簡潔な言葉は自閉症の子供も聞き取りやすく、次の行動にも移りやすいです。

自閉症をはじめ、多動性障害アスペルガー症候群、学習障害などの発達障害は、早めに専門の施術・支援を受けることが重要です。早めの行動が周囲への理解を深め、本人が適切な療育に取り組める環境を整えることにもつながります。

自閉症スペクトラムの支援なら【一般社団法人難病治療研究協会】 概要

法人名 一般社団法人難病治療研究協会
所在地 〒233-0001 神奈川県横浜市港南区上大岡東1-9-7 2F
電話番号 045-845-4381
FAX番号 045-845-4372
URL http://www.nanbyou.info
業務内容
  1. 難治性疾患等に関する治療方法の研究
  2. 難治性疾患等に関する調査研究及び関係情報の収集、提供及び知識の啓発、普及
  3. 関係学術団体との連携、協力
  4. 医療従事者に対する技術研修の実施
  5. 関係治療用具の評価及び販売
  6. 難治性疾患等に関する書籍、電子媒体等の編集、発行及び販売
  7. 難治性疾患等に関するセミナー、講習会、イベント等の企画運営
  8. 前各号に附帯又は関連する一切の事業
説明 パーキンソン病や自閉症、発達障害などの原因の1つ「脳の異常」に対し、独自の治療法『頭蓋骨縫合矯正』で矯正を行います。リウマチなどの難病の支援も行っております。お気軽にご相談ください。

自閉症スペクトラムやアスペルガーの支援なら難病治療研究協会

自閉症の療育なら難病治療研究協会 【コラム一覧】

自閉症の療育とは発達障害と分かるまでパーキンソン病に必要なリハビリ頭蓋骨の歪みについて自閉症スペクトラムとは
頭蓋骨の歪み方と見分け方脳が働く仕組み病気に対する気持ちの持ち方日本での難病に対する考えについて自閉症スペクトラムへの理解