自閉症スペクトラムや学習障害、多動性障害の支援なら|難病治療研究協会|自閉症スペクトラムとは

一般社団法人 難病治療研究協会 045-845-4381
   
トップページ 法人紹介 治療について 施術実績(パーキンソン病症状改善動画) よくある質問 お問い合わせ
コラム

自閉症スペクトラムとは

自閉症スペクトラムとは

発達障害と一口に言っても、学習障害や注意欠如多動性障害などいくつかのタイプに分けられます。それぞれの症状が重なり合っていることも多く、個人差も大きいです。

発達障害の1つである「自閉症スペクトラム」は、アスペルガー症候群や自閉症、その他の広汎性発達障害などを総称したものです。こちらでは、自閉症スペクトラムについてご紹介いたします。

自閉症スペクトラムになる原因

自閉症スペクトラムになる原因

自閉症スペクトラムの原因は、まだはっきりとは解明されていませんが、後天的な障害ではなく、先天的な脳機能の違いが原因ではないかと一般的には考えられています。しかし、当協会の研究ではこれらの原因を頭蓋骨の歪みと捉え、大きな成果をあげています。

発達障害は比較的男性に多く、人それぞれ特徴や障害の重さも異なります。また理解されにくい側面があり、時に抑うつ症状といった情緒障害、二次的な障害が生じるケースも少なくありません。

3つの特徴

自閉症スペクトラムの特徴は人それぞれですが、典型的な特徴として以下の3つが挙げられます。

強いこだわりがある

自閉症スペクトラムの子の中には手順や道順など、何かに対して強いこだわりを持っていることもあります。特に、規則性のあるものに執着しやすい傾向が見られます。数学などの才能が際立つこともありますが、生活面で生きづらさを強く感じるケースもあります。

自分以外の視点が入りにくい

「空気を読む」ということを日本人はよく行います。しかし自閉症スペクトラムの場合、他者の視点から物事を考えることが難しく「空気を読めない」という状況になってしまうことがあります。また、友達関係に興味を示さない、顔の表情やジェスチャー、体の体勢が不自然であるなどの特徴も挙げられます。

言語の未発達

言語の遅れや欠如が見られるという特徴もあります。また、ある程度言葉が出ていても書き言葉としゃべり言葉が分離しておらず、言葉に関して不自由を感じる場合も多いです。他にも、あまり会話をしない、逆に一方的に話し続けてしまうというケースもあります。

以前に比べて、現在は自閉症スペクトラムに対する支援や療育、施術なども増えてきています。そのような支援や療育などを上手く活用して、一人一人に合った方法で改善を目指すことが大切です。

自閉症スペクトラムの支援なら【一般社団法人難病治療研究協会】 概要

法人名 一般社団法人難病治療研究協会
所在地 〒233-0001 神奈川県横浜市港南区上大岡東1-9-7 2F
電話番号 045-845-4381
FAX番号 045-845-4372
URL http://www.nanbyou.info
業務内容
  1. 難治性疾患等に関する治療方法の研究
  2. 難治性疾患等に関する調査研究及び関係情報の収集、提供及び知識の啓発、普及
  3. 関係学術団体との連携、協力
  4. 医療従事者に対する技術研修の実施
  5. 関係治療用具の評価及び販売
  6. 難治性疾患等に関する書籍、電子媒体等の編集、発行及び販売
  7. 難治性疾患等に関するセミナー、講習会、イベント等の企画運営
  8. 前各号に附帯又は関連する一切の事業
説明 パーキンソン病や自閉症、発達障害などの原因の1つ「脳の異常」に対し、独自の治療法『頭蓋骨縫合矯正』で矯正を行います。リウマチなどの難病の支援も行っております。お気軽にご相談ください。

自閉症スペクトラムやアスペルガーの支援なら難病治療研究協会

自閉症の療育なら難病治療研究協会 【コラム一覧】

自閉症の療育とは発達障害と分かるまでパーキンソン病に必要なリハビリ頭蓋骨の歪みについて自閉症スペクトラムとは
頭蓋骨の歪み方と見分け方脳が働く仕組み病気に対する気持ちの持ち方日本での難病に対する考えについて自閉症スペクトラムへの理解