脳が働く仕組み|難病治療研究協会

一般社団法人 難病治療研究協会 045-845-4381
   
トップページ 法人紹介 治療について 施術実績(パーキンソン病症状改善動画) よくある質問 お問い合わせ
コラム

脳が働く仕組み

脳が働く仕組み

食べる、歩く、話すなど、私たちが当たり前のように行っている動作は、全て脳を通して行われています。そんな体の司令塔である脳は、どのような仕組みで働いているのでしょうか?こちらでは、脳の働く仕組みについてご紹介いたします。

糖分ではなく酸素をとる

脳を働かせるためにはブドウ糖が必要という話は、多くの方がご存知かと思います。そのため、普段から糖分を意識して摂取しているケースもよく聞かれます。

しかし、脳を働かせるために本当に必要なのは酸素です。糖分は脳の働きをサポートしますが、酸素が脳にまでしっかりと吸収できていなければ、頭が働かなくなってしまいます。例えばあくびが出てしまうのも、足りない酸素を吸収するために起こる行動の1つだと言われています。

どうやって酸素は体に吸収されるのか

どうやって酸素は体に吸収されるのか

酸素はどのようにして脳に運ばれていくかご存知でしょうか?まず血液中にはヘモグロビンと呼ばれる成分があります。このヘモグロビンと酸素が結合することで、各組織へと運ばれていくのです。それは脳にまで運ばれていき、脳を働かせるエネルギーとなります。

また、血液を循環させる心臓や肺も、酸素がなくては働くことができません。つまり酸素不足は脳だけでなく、体全体の機能が低下する原因となってしまうのです。

脳を働かせるために

多動性障害やアスペルガー症候群などの発達障害、パーキンソン病といった難病は脳が大きく関係していることが多いです。また頭蓋骨が歪み、脳を圧迫したことが要因となるケースもあります。

そのような場合、脳にしっかりと酸素を届けることができず、脳が働きにくくなる可能性も高まってしまいます。発達障害などで療育を行っている、脳を働かせるためのケアを考えているなどの場合は、頭蓋骨の歪みを整えることを検討してみるのも1つの方法です。

わが子の未来の笑顔のためにも療育だけでなく、頭蓋骨の歪み改善を検討することも大切です。神奈川横浜市で頭蓋骨の歪みを整えたいという方は、当協会までご相談ください。長年の経験と研究に基づいた頭蓋骨縫合矯正で、頭蓋骨の歪みを整える施術を行っています。施術方法などに関するご質問もお気軽にお問い合わせください。

発達障害の療育なら【一般社団法人難病治療研究協会】 概要

法人名 一般社団法人難病治療研究協会
所在地 〒233-0001 神奈川県横浜市港南区上大岡東1-9-7 2F
電話番号 045-845-4381
FAX番号 045-845-4372
URL http://www.nanbyou.info
業務内容
  1. 難治性疾患等に関する治療方法の研究
  2. 難治性疾患等に関する調査研究及び関係情報の収集、提供及び知識の啓発、普及
  3. 関係学術団体との連携、協力
  4. 医療従事者に対する技術研修の実施
  5. 関係治療用具の評価及び販売
  6. 難治性疾患等に関する書籍、電子媒体等の編集、発行及び販売
  7. 難治性疾患等に関するセミナー、講習会、イベント等の企画運営
  8. 前各号に附帯又は関連する一切の事業
説明 パーキンソン病や自閉症、発達障害などの原因の1つ「脳の異常」に対し、独自の治療法『頭蓋骨縫合矯正』で矯正を行います。リウマチなどの難病の支援も行っております。お気軽にご相談ください。

発達障害の療育なら難病治療研究協会

自閉症の療育なら難病治療研究協会 【コラム一覧】

自閉症の療育とは発達障害と分かるまでパーキンソン病に必要なリハビリ頭蓋骨の歪みについて自閉症スペクトラムとは
頭蓋骨の歪み方と見分け方脳が働く仕組み病気に対する気持ちの持ち方日本での難病に対する考えについて自閉症スペクトラムへの理解