神奈川県横浜市で発達障害の療育なら|難病治療研究協会|発達障害と分かるまで

一般社団法人 難病治療研究協会 045-845-4381
   
トップページ 法人紹介 治療について 施術実績(パーキンソン病症状改善動画) よくある質問 お問い合わせ
コラム

発達障害と分かるまで

自閉症やアスペルガー症候群などの発達障害は先天性のものです。できるだけ早くに気付くためにも、発達障害にはどのようなサインがあるのか、そのサインはどの種類の発達障害なのかなど、きちんと調べておくことも大切です。

サインを見逃すと

サインを見逃すと

大人になって自分が発達障害であることを知る方もいらっしゃいます。それは、子供の頃に周りから「個性的な子」「そういうことが苦手な子」とだけ捉えられ、そのまま成長したことが原因となっていることが多いです。

また、昔は発達障害の認知が薄かったため、発達障害のサインに気付くことなく成長してしまったというケースもあります。可愛いわが子のためにも、サインを見逃さないようにしてあげましょう。

注意欠如・多動性障害

発達障害にはいくつかの種類があります。その1つである注意欠如・多動性障害では、年齢に見合わない多動性や衝動性、不注意などの行動が多いことが特徴で、大体7歳までに現れることが多いです。

注意欠如・多動性障害は、じっとしていられなかったり、他人のゲームや会話に割り込んでしまったりする多動-衝動性優勢型、うっかりミスが多い・気が散りやすい・集中し続けることができないなどの特徴がある不注意優勢型、どちらの特徴も見られる混合型の3つに分類されます。

学習障害

学習障害

学習障害は、知的発達や身体的に問題があるものではありません。読み書きや計算といった特定の事柄が苦手という学習的な問題を抱えた障害のことです。特定の能力以外は正常なこともあり、普段の生活では影響が少なく気付きにくい側面があります。そのため、個性や苦手な分野などと捉えられ、対応が遅れるケースも少なくありません。

わが子にどのような特徴があるのかしっかりと見てあげ、医師の適切な診断のもと、心のケアをしながらその子に合った療育を試すことが大切です。

最後に、サインが簡単に分かる方法は「頭蓋骨が歪んでいる見分け方」をご覧ください。

療育を受けながら、発達障害改善に向けた対策を探しているという方は、ぜひ当協会へご相談ください。神奈川横浜市に事務所を構える当協会では、頭蓋骨縫合矯正を用いて頭蓋骨の歪みを整えております。療育だけでは不安、難病に悩んでいて頭蓋骨の歪みを整えたいという方は、どうぞお気軽にご相談ください。

発達障害の療育なら【一般社団法人難病治療研究協会】 概要

法人名 一般社団法人難病治療研究協会
所在地 〒233-0001 神奈川県横浜市港南区上大岡東1-9-7 2F
電話番号 045-845-4381
FAX番号 045-845-4372
URL http://www.nanbyou.info
業務内容
  1. 難治性疾患等に関する治療方法の研究
  2. 難治性疾患等に関する調査研究及び関係情報の収集、提供及び知識の啓発、普及
  3. 関係学術団体との連携、協力
  4. 医療従事者に対する技術研修の実施
  5. 関係治療用具の評価及び販売
  6. 難治性疾患等に関する書籍、電子媒体等の編集、発行及び販売
  7. 難治性疾患等に関するセミナー、講習会、イベント等の企画運営
  8. 前各号に附帯又は関連する一切の事業
説明 パーキンソン病や自閉症、発達障害などの原因の1つ「脳の異常」に対し、独自の治療法『頭蓋骨縫合矯正』で矯正を行います。リウマチなどの難病の支援も行っております。お気軽にご相談ください。

発達障害の療育なら難病治療研究協会

自閉症の療育なら難病治療研究協会 【コラム一覧】

自閉症の療育とは発達障害と分かるまでパーキンソン病に必要なリハビリ頭蓋骨の歪みについて自閉症スペクトラムとは
頭蓋骨の歪み方と見分け方脳が働く仕組み病気に対する気持ちの持ち方日本での難病に対する考えについて自閉症スペクトラムへの理解