パーキンソン病のリハビリケアや東洋医学療法なら|難病治療研究協会|病気に対する気持ちの持ち方

一般社団法人 難病治療研究協会 045-845-4381
   
トップページ 法人紹介 治療について 施術実績(パーキンソン病症状改善動画) よくある質問 お問い合わせ
コラム

病気に対する気持ちの持ち方

病気に対する気持ちの持ち方

パーキンソン病などのような難病と言われる病気になってしまったとき、または医師から難病と宣告されたとき、自分だけではなく家族が受けるショックも非常に大きいものが想像できます。

しかし、気を落としたままでいても病気が改善されることはなく、さらに病状を悪化させてしまう可能性もあるかもしれません。「病は気から」という言葉があるように、まずは気持ちの持ち方を変えることが重要です。

心を自由にしてストレスを軽減する

パーキンソン病などの難病でお悩みの方の中には、真面目で努力家の方が多くいらっしゃるようです。その性格からつらい思いを我慢して、ストレスを溜め込んでしまう傾向も見られます。

心を自由にしてストレスを軽減する

しかし、ストレスを溜め込んだ状態が続けば、かえって心身に負担を掛けて病状が悪化したり、新たな病気を引き起こしたりする可能性も考えられます。過剰なストレスを溜め込まないためにも、一度こだわりを捨ててみてはいかがでしょうか?

焦らず、まずは自分のできることだけをゆっくり行うと、自然と心が軽くなりストレスのケアにも繋がってきます。

家族で支え合う

心の持ち方を変えるのは本人だけでなく、家族の協力も必要です。例えば、こだわりが強い方に対して「完璧にやろうとし過ぎると、体に負担が掛かってしまうかもしれないよ」など、さりげなく伝えてあげましょう。

また、リハビリを促したり、必要な場合はリハビリをお手伝いしたりすることも大切です。しかし、お手伝いなどをやり過ぎてしまうと、かえってストレスに感じてしまう可能性もあるため、何事も程々に行うように心掛けてください。

病気に対して本人・家族が前向きになるには、お互いに心の持ち方を変えてみることは重要です。また、改善を目指してリハビリを受ける、症状の専門施術を受けてみるのも気持ちに変化をもたらします。「難病だから」と諦めてしまうのではなく、自分の病気を受け止めながら、少しでも可能性のある道に進んでいきましょう。

パーキンソン病は治らないものというのが医学の定説になっておりますが、見方を変えると改善するものも多くあります。灸などの東洋医学から学んだ技術を活かした脳リハビリ医学機能改善プログラムで、多くの方々が快方に向かっております。相談しようかどうか迷っている方は、まずYouTube動画をご覧ください。多くの喜びの声を聞くことができます。

パーキンソン病のリハビリケアなら【一般社団法人難病治療研究協会】 概要

法人名 一般社団法人難病治療研究協会
所在地 〒233-0001 神奈川県横浜市港南区上大岡東1-9-7 2F
電話番号 045-845-4381
FAX番号 045-845-4372
URL http://www.nanbyou.info
業務内容
  1. 難治性疾患等に関する治療方法の研究
  2. 難治性疾患等に関する調査研究及び関係情報の収集、提供及び知識の啓発、普及
  3. 関係学術団体との連携、協力
  4. 医療従事者に対する技術研修の実施
  5. 関係治療用具の評価及び販売
  6. 難治性疾患等に関する書籍、電子媒体等の編集、発行及び販売
  7. 難治性疾患等に関するセミナー、講習会、イベント等の企画運営
  8. 前各号に附帯又は関連する一切の事業
説明 パーキンソン病や自閉症、発達障害などの原因の1つ「脳の異常」に対し、独自の治療法『頭蓋骨縫合矯正』で矯正を行います。リウマチなどの難病の支援も行っております。お気軽にご相談ください。

パーキンソン病のリハビリなら難病治療研究協会

自閉症の療育なら難病治療研究協会 【コラム一覧】

自閉症の療育とは発達障害と分かるまでパーキンソン病に必要なリハビリ頭蓋骨の歪みについて自閉症スペクトラムとは
頭蓋骨の歪み方と見分け方脳が働く仕組み病気に対する気持ちの持ち方日本での難病に対する考えについて自閉症スペクトラムへの理解