パーキンソン病のリハビリケアや東洋医学療法なら|難病治療研究協会|パーキンソン病に必要なリハビリ

一般社団法人 難病治療研究協会 045-845-4381
   
トップページ 法人紹介 治療について 施術実績(パーキンソン病症状改善動画) よくある質問 お問い合わせ
コラム

パーキンソン病に必要なリハビリ

パーキンソン病はゆっくりと進行していく病気です。症状が進行するにつれ体が動かしにくくなり、日常生活における動作も困難になってきます。少しでも進行を遅くするためには、リハビリを行うことが必要です。

リハビリの必要性

リハビリをせずに家族やヘルパーに頼りっきりになってしまうと、筋肉や関節が固まってしまい、さらに体が動かしにくくなってしまいます。また、体を動かさなくなってしまうと気持ちも沈みがちになり、気持ちが沈む=動かない=さらに動きにくくなると悪循環に陥ってしまう可能性があります。気持ちをリフレッシュさせるという意味でも、リハビリは重要なのです。

毎日がリハビリ

毎日がリハビリ

普段通りの動作をするだけでも、パーキンソン病には良いリハビリになります。例えば、軽い掃除や簡単な料理、着替えなど、自分のこと・身の回りのことはできる範囲で行うようにしましょう。

お散歩をしたり絵を描いたり、カラオケなどで歌を歌ったりと、趣味をリハビリに取り入れることで身体的な面だけでなく、精神的な面でも良い効果が得やすくなります。楽しく、ゆっくり自分のペースでリハビリに取り組むことが大切です。

運動する場合は

運動する場合は

ちょっとした運動を行う場合は、いくつか注意したいポイントがあります。その中でも最も大切なポイントが「無理をしない」ということです。薬が効いているから大丈夫と油断して、ケガの原因になるケースもあります。

また、快適な温度で運動をし、水分はしっかりと補給するようにしてください。水分が不足したために脱水症を起こしたり、悪性症候群があらわれたりする可能性があります。担当医に相談しながら、自分に合った方法でリハビリ・ケアしていきましょう。

当協会では、パーキンソン病やリウマチのほか、脳機能障害など難病でお悩みの方を専門にした施術を行っております。東洋医学である灸マッサージで学んだツボやカイロプラクティックの頭蓋骨縫合矯正により、難病改善に向けてのお手伝いをさせていただきます。脳リハビリ医学機能改善プログラムで薬に頼らない施術を受けたいという方は、ぜひ当協会へご相談ください。無料相談も予約制で承ります。

パーキンソン病のリハビリケアなら【一般社団法人難病治療研究協会】 概要

法人名 一般社団法人難病治療研究協会
所在地 〒233-0001 神奈川県横浜市港南区上大岡東1-9-7 2F
電話番号 045-845-4381
FAX番号 045-845-4372
URL http://www.nanbyou.info
業務内容
  1. 難治性疾患等に関する治療方法の研究
  2. 難治性疾患等に関する調査研究及び関係情報の収集、提供及び知識の啓発、普及
  3. 関係学術団体との連携、協力
  4. 医療従事者に対する技術研修の実施
  5. 関係治療用具の評価及び販売
  6. 難治性疾患等に関する書籍、電子媒体等の編集、発行及び販売
  7. 難治性疾患等に関するセミナー、講習会、イベント等の企画運営
  8. 前各号に附帯又は関連する一切の事業
説明 パーキンソン病や自閉症、発達障害などの原因の1つ「脳の異常」に対し、独自の治療法『頭蓋骨縫合矯正』で矯正を行います。リウマチなどの難病の支援も行っております。お気軽にご相談ください。

パーキンソン病のリハビリなら難病治療研究協会

自閉症の療育なら難病治療研究協会 【コラム一覧】

自閉症の療育とは発達障害と分かるまでパーキンソン病に必要なリハビリ頭蓋骨の歪みについて自閉症スペクトラムとは
頭蓋骨の歪み方と見分け方脳が働く仕組み病気に対する気持ちの持ち方日本での難病に対する考えについて自閉症スペクトラムへの理解